母子家庭で給料も少ない私が頼らざる終えなかったカードローン

借金をしなくてはならない現状がある人たちがいます。
母子家庭で子供を養うため
倒産によって税金を支払えない
親に仕送りをしないといけないetc・・・
皆生活に困ってしまい借金しているのです。
しかしどんな理由があっても、一度借りてしまったら必ず返さなければなりません。
金融会社からお金を借りた後返済に追われて返せなくなってしまったとしたら・・・
滞納するとどんなことが待っているんでしょうか。
借りたところによっては、こわ~い催促があるかもしれませんね。
でもこれを読めば大丈夫!
あなたがたとえ借金して滞納してしまったとしても、解決の糸口が必ず見つかるはずです。

女性45歳
100万円

現在正社員の女性です。
22歳、19歳の息子2人がおり、2人ともに大学生です。
現在再婚しましたが、借金した当時はシングルマザーでした。

シングルマザー時代の借金

クレカのキャッシング枠で40万円
カードローンで60万円

子供二人の成長がネックに

母子家庭で2人とも大学に入学したためです。
子どもたちの生活費の負担が増え、手取りの給料ではまかなえない分をキャッシングに頼る事になりました。
また私の両親にお金の事を相談出来るような状況にありませんでした。
2人の子どもたちは、それぞれ合格した大学のそばで一人暮らしを始めた為、学費以上に家賃を含め、生活費の部分の負担が大きいものでした。

支払いが追いつかない

日頃の私の生活費に支払い額が追いつかなくなり、滞納気味になってしまいました。
ボーナスがそれでも年2回あるので、どうにか持ちこたえながらやってきましたが、借り入れを繰り返す事が多くなり、次第に追いつかなくなりました。

電話での催促

電話を携帯に何度もかけてきたり、会社にも電話をかけてきたりしました。

返済期日の取り決め

電話で支払える日を告げ、期日までに返すようにしてきました。

滞納して思いつめる

肩身が狭い思いをしたり、辛かったり、なんで子どもたちにもっと頑張ってもらえないんだろうと思ったり、節約しなければいけない、収入を増やさなければいけないなど、自分を追い詰めるような考えに及ぶようになりました。

いろんな人に相談して解決を

滞納しているとしても返済計画が立てられればいいと思います。
それも難しい状況にあれば、早い段階で弁護士などに相談して解決策を探る事が1番間違いないと思います。
借金をどう返すかというプランは、弁護士だけでなく、相談出来る窓口は他にもあります。
例えば市の相談日を利用することもできます。
しかし、自己責任で借りたわけなので、返済の為の収入アップを考える事も必要ではないでしょうか。
また、遅れつつも返す事が大切と思います。