倒産・税金による生活苦で借金しても救われない現実

男性30代
240万円

31歳独身です。
親兄弟も貧困状態で、仕送りの見込み無しで年収280万円です。

合計240万円の借金

消費者金融30万1社
消費者金融50万1社
カードローン10万1社
カードローン50万1社
クレジット100万1社

税金が払えない

生活費が足らない状況である事から借金しました。
親が税金払えないからと仕送り依頼があったり、税金がそれにより払えなくなった為です。
倒産解雇・吸収合併による引越が多発しその準備金も必要でした。

困窮した生活

会社倒産・合併による引越しで生活費が底をつき、返済にまわせなくなった為滞納しました。

個々に対応

消費者金融1社は、事情を尋ねて弁明の機会を得ました。
それ以外の消費者金融1社、カードローン2社、クレジット1社は、延滞利息が発生するから直に払ってくださいと言われました。

支払い

限度額にほぼ到達している前提です。
消費者金融1社は、利息のみの支払いで対応してもらいました。
消費者金融1社、カードローン2社は、通常通り返済し、返済によって増えた利用残高全てを引き出しました。
クレジット1社は支払いが困難な事を伝え翌月の返済希望をお願いしました。

早く完済を

滞納して、翌月に回してもそのツケが翌月に回るだけです。
すばやくツケを清算し、通常の返済に戻り、一日も早く借金を完済するよう目指したほうがよいです。

地獄の生活にならないために

お金については、計画を持たないと本当に大変です。
滞納以前に借金をする事で、計画を短期的にしか見れず、結果大損する可能性が高くなります。
自己破産等を考えながら生きつつ、今ある仕事がたとえ大変でも、しがみ付かざるを得ない状況は本当に地獄の日々です。
仕事が楽なら良いですが、大変な職場だと勤務中も地獄、終業後はお金の不安で地獄です。
生きてる間ずっと苦しみ続けることになります。
借金をしている時点で計画的にとは言えませんが、現状苦の脱出の方法は模索すべきと心得てください。