カードローンでお金を滞納しているなら漫画「なにわ金融道」を読もう

男性30代
30万円

自営業で独身です。

カードローン30万円

全ての資金が底を尽きた為、三菱東京UFJ系のカードローンで借りました。

滞納理由

ちょうど求職中で返済能力がなかった為、滞納しました。

業者からの対応とは

業者は何回も自分の電話をかけてきて、封筒も送ってきました。
電話は出ないで無視していました。

滞納の代償

滞納して、専門的な用語はわかりませんが、「和解」となりました。
最終的に信用情報に傷がついたようで、それからクレジットカードが作れなくなってしまいました。
後悔していますが、それだけお金の管理はしっかりしないといけないということを実感しました。
ポジティブに考えて、お金の貸し借りの社会における重要性を認識し、今後同じことを繰り返さないようにしようと思うようになりました。

なにわ金融道

借金が膨らんで払えなくなっても、最終的には自己破産すればいいと思っている人がいたら大間違いです。
自己破産をしたらとても面倒なことになります。
社会的に見てかなり底辺なところにいると思いますし、色々な障害が発生してやりたいことができないことも多くなると思います。
ローンも組めなくなるし、仕事によっては就業を拒否されるところもあります。
大金を借りる気があるなら、日頃から冠婚葬祭をしっかりして、身内、周りの人、友人、知人を大切にして人間関係を良好に保つべきです。
何かやるのにお金が必要になったら、知人など周りの人にお願いしてお金をかき集めればそれなりの資金になると思います。
パチンコなどで借金抱えて返せなくなってるなら、まずはカウンセラーとかに相談して抜け出すべきだと思います。
もし数百万の借金なら、地道に返していけます。なのでそんなに落ち込むことはないと思います。
少しの金額でも滞納しすぎて信用情報に傷がつくのは、本当に馬鹿なことです。
お金は返すものということを身体に染み込ませた方がいいと思います。
「なにわ金融道」というお金にまつわる面白い漫画があるので、それをまず読んだ方がいいと思います。