おまとめローンで気づく自分の借金に対する認識の甘さ

女性56歳
おまとめローンを利用したときは会社員ですが、今は主婦です。
手取14万円で夫、義母、子供3人の家族です。

借り入れした会社

アコム10万円、レイク50万円、オリコカード20万円、UCSカード20万円、地元銀行30万円

関西アーバン銀行でおまとめローン

支払いの日にちがバラバラで自分で管理しきれず延滞が生じてきたことと、借入先が多いことが怖くなったためです。

借金の大きさに気づく

支払い先が1社になったことへの安心感はありましたが、1本化したことで却って自分がしている借金の大きさに気づかされました。
1本化するための手続きは、結構煩雑だと思いました。
この煩雑さ面倒さが、これ以上借入を増やさないようにしなくてはいけないんだという意識を持つのに役立ちました。
1社にまとめることで、月々の支払金額を少しでも少なくしたいという思いから、返済の期間が長くなってしまいました。
もう少し、自分に厳しく考えて返済金額を想定すれば良かったのかもしれないと反省しています。
1本化するための会社を選ぶとき、気持ちが焦っていたので金利を他社と比較するということまで意識が及びませんでした。
でも、これ以上借入を増やさないという意識を持つことができました。

1本化するための心得

1本化することで、一時は安心するかもしれませんが、借金が減るわけではないという意識をより強くもっていてください。
1本化する事を考える時は、結構切羽詰まった気持ちがあると思います。
切羽詰まっていることで、焦って会社を選ぶことをしないでください。
しっかりと金利などの条件を比較確認してから選ぶようにする方が良いです。
また、返済額を決める時は、月々の楽さだけを考えるのではなく、自分に出来うる限りの厳しい金額を設定したほうが、思いのほか早期に
完済できると思います。
1社になったことで絶対に安心しきって、借金を増やしたり繰り返したりしないという強い意識をもって臨んでください。